土地の売買に仲介の調査

Posted by: admin

5月 15th, 2012 >> 未分類

土地の売買には、仲介という方法と、買取という方法があります。これらの
2つの方法は、どちらにしても、不動産業者が対応してくれるのですが、
土地の売買の方法は、全く持って異なってくるのです。

まずは、土地の売買を、仲介という方法でおこなう場合なのですが、仲介では、
不動産業者が、購入してくれる人を探してくれるという方法です。土地の売買などは、
自ら全ての手続きを行う事は、まず無理なので、こういった方法はとても便利です。
不動産業者に、自分の所有している不動産の売却を依頼するのですが、
そこから、不動産業者が、広告などの宣伝をおこなったりしながら、購入者を
探していきます。成約したときには、国土交通省が規定しているだけの、仲介手数料を、
支払う事になります。

仲介の場合には、購入希望の人を探し出します、そして、広告などの宣伝費用も
かかります。そして、仲介手数料も発生します。また、売却の期間ですが、これは
購入者がみつかり次第ではありますが、長くても半年くらいでしょうか。そして、
購入者がみつからないなんてこともあります。

こういった事を見てみると、仲介には、費用がかなりかかることがわかります。
そして、購入者が見つからないこともあるという事を覚えておきましょう。

土地の売買は買取で調査しよう

Posted by: admin

3月 4th, 2012 >> 未分類

土地の売買には、仲介と買取がありますが、買取の場合には、どのような事が
まっているのでしょうか?土地の売買は、不動産業者に依頼をするのが、
一般的です。ですから、不動産業者を探すことから始めなければいけません。
土地の売買は、お金がおおきく絡んできますので、信頼できる、不動産業者を
見つけ出すことが、最善の方法になります。

それでは、土地の売買の方法である、買取の手順をご紹介しましょう。
買取というのは、不動産業者が、購入者になるということですね。
つまり、不動産業者が直接的に、不動産の買取をしてくれるのです。この場合には、
購入者を探すという手間がなくなり、さらに不動産業者が直接買取なので、
即時の売却がかのうということになります。直接的な買取なので、仲介手数料は、
もちろん発生してきませんので、費用に関しては、メリットが大きいです。

買取では、購入者が、不動産業者ということになりますので、売り出しのための、
広告や宣伝費用、仲介手数料などは、発生しません。そういった費用の部分を
節約するのであれば、買取という方法は、メリットがあるといえるでしょう。
売却も、即時できますので、待つことがなく、スムーズに進んでいきます。